モテるメンズファッション、優しく包んでくれそうな着こなしが素敵

女性ウケ抜群のスプートニクス着こなしコーデをみてみる。

 

 

モテるメンズファッション、優しく包んでくれそうな着こなしが素敵

 

冬は、毎日寒くてお出かけも億劫で・・なにより、なぜか人恋しくなりがちな季節です。寒くてかじかんだ手に息を吹きかけるとき、大きな手でそっと温めてくれたり、心細いときに優しく包んでくれるような男性がいたら、ほとんどの女性はぐっと心惹かれるでしょう。そんな、男性ならではの優しさや包容力を演出するモテるメンズファッションアイテムが、ざっくりと編まれたニットを取り入れた着こなしです。

 

まず、おしゃれが苦手な男性でも簡単に着こなせるのが、セーターです。永遠の定番ともいえるケーブル編みのセーターは、どのブランドでも毎年展開しています。近年は細身で編目が細やかなものが流行っていますが、体型を選ばない、大きめのシルエットのものがまずは無難でしょう。ここでポイントは大き「目」のシルエットということです。体型をあまりにもカバーしすぎるシルエットだと、女性のチュニックのような印象を与えてしまいます。袖丈が長め、着丈はお尻が半分程度隠れるものが程良いでしょう。カラーは、アイボリーやグレー、ブルーがかった濃い色が定番です。セーターのシルエットが大きめな分、パンツはストレートタイプですっきりと見せましょう。

 

よりおしゃれに見せたい場合は、定番カラーのセーターに、シャツをあわせると良いでしょう。アイボリーやグレーのセーターは、ピンクや柄物のシャツも受け入れてくれるオールラウンダーですし、黒や濃紺のセーターから白や明るい色合いのシャツの襟をのぞかせると、顔周りが明るくなります。

 

細身で筋肉質、いわゆる「細マッチョ」な男性ならば、タイトなシルエットのセーターが広い肩幅や長い腕、大きな手など男性らしい体つきをより魅力的に見せてくれます。女性の好みにもよりますが、がっちりしたマッチョな体型な男性がタイトなシルエットのセーターを着ると、少し暑苦しい印象を与えてしまうこともあります。そんなときは、タイトなセーターの上にジャケットを合わせると、おちついた大人の雰囲気が。モテるメンズファッションならセーターの着こなしで、男性らしい包容力をアピールしてみましょう。

 

【失敗しないモテ服】メンズスタイル厳選の8000以上のコーデ写真をみる。